本文へスキップ



鳥取県猟友会米子地区(米子猟友会)


米子猟友会では、狩猟者登録受付時に新規会員入会手続きをしています。
米子市在住者以外にも、県内・県外の方にも門戸を開放しています。


狩猟を始めるには、各県ごとに狩猟者登録証の交付を受けなければなりません。
米子猟友会では会員の狩猟者登録手続きのお手伝いをしています。
 (鳥取県狩猟期間:ニホンジカ・イノシシ…11/1〜2/末、その他…11/15〜2/15)
                                      
      

第一種銃猟(散弾銃・ライフル銃・空気銃を用いた狩猟)
○第二種銃猟(空気銃を用いた狩猟)

  ・銃砲所持許可証 ※1
  ・狩猟免状    ※2
  ・ハンター保険(米猟で加入可、第一種のみ)
  ・申請用紙(鳥取県・島根県は米猟で用意します。)
  ・写真 1申請につき2枚(3×2.4p、半年以内に撮影)
  ・射撃のスコアー表(2枚以上、第一種のみ)
  ・印鑑
  ・諸費用 ※3

○わな猟(わなを用いた狩猟)
○網猟 (網を用いた狩猟)

  ・狩猟免状 ※2
  ・ハンター保険(米猟で加入可)
  ・申請用紙(鳥取県・島根県は米猟で用意します。)
  ・写真 1申請につき2枚(3×2.4p、半年以内に撮影)
  ・印鑑
  ・諸費用 ※3

※1 銃砲所持許可証について
   散弾銃や空気銃を扱うには警察(公安委員会)の許可が
   必要です。
   初心者講習、初心者教習射撃、新規許可申請と、
   6ヶ月くらいかかります。

※2 狩猟免状について
   狩猟免状(全国共通)がないと狩猟者登録(各県)ができま
   せん。
   鳥取県では年4回ほど試験を行っています。
   夏期に集中しているので、試験日程をよく確認して
   ください。
   事前講習に参加されると、合格が近くなります♪

   思い立ったら狩猟ができるものではなく、許可や申請の準備
   期間があります。
 

※3 諸費用について
   狩猟税・登録手数料、日猟・県猟・米猟会費、ハン
   ター保険、証明書など。
    (狩猟税の減免処置を受ける方は、証明書をご用意
     ください。)
   第一種:約3.5万円、第二種・わな・網:約2万円 
       (一県のみ申請としての目安です。)


・助成金
   新規で銃砲所持許可・狩猟免状を受けられる方は、若手銃猟
   者養成事業の助成金があります。
   概ね50歳以下で、4~5万円くらい支給されます。
   領収書は必ず保管!
  
・ハンター養成スクール
   鳥取県ではハンター養成スクールを開校しています。期間は
   2ヶ月ほど。
   「銃猟コース」「わなコース」があり、安全管理・狩猟
   技術・解体技術を習得します。県HPでご確認ください。
  
・若手ハンターコーチング
   ベテランハンターからマンツーマンで指導を受けることが
   できます。
   米猟からベテランハンターを派遣します♪ 


 
  事前にお問合せいただけると、スムーズです♪


information店舗情報

鳥取県猟友会米子地区
(米子猟友会)


 お気軽にご相談ください。

 
 
鳥取県米子市大篠津町1830-1
 電話:090-3631-5695 柴垣
 電話:090-7198-1257 浅野